マンションの査定価格と売却価格の違いとは

売出価格も成約価格とは一致しないことがあります

さらに売出価格も最終的に購入を希望する人と契約をした価格、いわゆる成約価格とは一致しないことがあります。
これはたとえば売出価格は高めに設定しておいたものの、なかなか購入を希望する申し出がなかったために、やむを得ずに定期的に価格を値下げした結果、最終的にある一定のレベルまで下げた段階で契約ができたという場合が典型的といえます。
そのほかにも本来は売主にあたるオーナーが負担すべき費用、たとえばハウスクリーニングや室内の家具の処分などを購入する人のほうで代行してもらうことが交渉によって決まったために、その部分を売出価格から差し引いておく場合などもあります。
いずれにしてもこれらの価格は事情によって金額が変わる要素があることだけは覚えておくのがよいでしょう。
なお最初の査定に関しては、最近ではインターネットを利用して複数の不動産会社に無料で依頼ができるしくみもあります。
この場合は地域や築年数、床面積などのごく簡単な事項だけを入力して送信すると、ほとんど時間がかからずに結果が折り返し届くことがあります。
これは簡易査定とよばれる方法を導入しているためで、過去の取引事例のデータベースの蓄積から、おおまかな目安としての金額を機械的に割り出したものといえます。
したがって現実の物件にあるはずの室内の清潔さや経年劣化の程度、間取りの使い勝手、オール電化やオートロックのような特別な設備の有無などのさまざまな要素は無視されていますので、詳細に査定した場合の結果とは異なることがあります。
詳細な査定というのは、不動産会社の査定担当のスタッフが直接現地を訪れた上で、室内や外観などをチェックして、価値がアップするポイントとダウンするポイントとをしっかりと見極めて金額を見積もることを指しています。

査定価格は実際の売却価格とイコールとは限りません | 急いで売却をしなければならい場合は格安の売出価格に | 売出価格も成約価格とは一致しないことがあります