マンションの査定価格と売却価格の違いとは

急いで売却をしなければならい場合は格安の売出価格に

マンション査定名古屋市千種区の不動産情報・マンション・土地・賃貸・査定の事は株式会社S-Styleへ!

そこでたとえば最寄りの駅からの所要時間その他の交通アクセスの良さ、スーパーマーケットや学校など生活に必要な施設が近くにあるのかといった立地条件、建物の築年数や経年劣化の具合、管理形態や修繕その他清掃などのメンテナンスの状況などに着目して、それぞれ点数化をした上で、該当の物件と過去の取引事例で得られた物件とをていねいに比較します。
この比較によって価値の優劣が明らかになりますので、自ずとふさわしい価値を金額で見積もることができるというのがこの方法の根本的な考え方です。
したがって客観的に見れば査定価格の妥当性は疑いようがないはずですが、この価格はあくまでも不動産のプロが提示した参考としての価格に過ぎないのであって、実際に売り出すのはオーナー自身ですので、オーナーが決断した価格が不動産売買のチラシやパンフレット、インターネット上の不動産売買専門サイトなどに掲載されることとなります。
この価格が売出価格とよばれているもので、プロの意見をそのまま尊重すれば査定価格とはイコールになりますが、そうはならない場合が存在するのも事実です。
たとえば会社の都合による転勤や、親族からの相続によって相続税の納付が目前に迫っているなどの理由があって、急いで売却をしなければならい場合が該当します。
このようなケースでは値段よりも早期に売却ができることそのものが重要なため、顧客が付きやすいように格安の売出価格を設定することが多く見られます。
逆にプロが付けた価格に納得ができないオーナーがいれば、売出価格を引き上げて設定し、顧客が付くまで気長に待つという戦略もあるはずですので、その意味でも価格はイコールにならないというのは肯定されるはずです。

査定価格は実際の売却価格とイコールとは限りません | 急いで売却をしなければならい場合は格安の売出価格に | 売出価格も成約価格とは一致しないことがあります